本文へジャンプ

Maxell Sliontec

日立マクセル(スリオンテック事業本部)

2010年10月20日

世界初*1 オールシリコーン素材の両面粘着テープを開発
~耐熱性*2、クッション性*3に優れ簡単な貼り付けが可能に~

株式会社日立マクセル(スリオンテック事業本部)(代表取締役社長:松浦 武志)は、世界で初めて*1薄膜シリコーンゴムを基材に使用したオールシリコーン素材の両面粘着テープを開発し、6月下旬よりサンプル出荷を開始します。全てシリコーン素材で構成されているため、優れた耐熱性*2と幅広い温度範囲での安定したクッション性*3を達成しました。本製品は、耐熱キャリアテープや耐熱スペーサー、耐熱クッション材などへ応用展開を進めていきます。

近年、シリコーンゴムを薄膜長尺化する技術が進んでいますが、シート状になったシリコーンゴムは伸縮性が大きいため加工しにくいほか、変色性やシリコーンゴムに対する密着不足といった粘着剤の問題があったため、シリコーンゴムを基材とした粘着テープの製造は困難でした。したがって、通常、シリコーンゴムの粘着化は専用の両面粘着テープとの貼り合わせにより行われますが、両面粘着テープにフィルム基材が用いられているため、耐熱性や耐久性、透明性などのシリコーン素材の持つ、優れた性能を十分に発揮できませんでした。

今回、日立マクセル(スリオンテック事業本部)では、厚さが均一な薄膜長尺形態でテープ加工に適したシリコーンゴムシートを開発するとともに、変色性や密着性を大きく改善するシリコーン系の粘着剤を新たに開発したことにより、世界で初めて、薄膜シリコーンゴムを基材に使用した両面粘着テープを実現しました。
今回開発した製品は、厚さ100μm(マイクロメートル)の薄膜シリコーンゴムにシリコーン系粘着剤層を直接付けた両面粘着テープです。全てシリコーン素材で構成されているため、-40℃~200℃の温度範囲で安定したクッション性を維持しているほか、耐久性*4、耐候性*5にも優れています。
また、粘着テープであるため、これまで部品などへ貼り付ける際に使用していたシリコーン系の接着剤やシリコーンゴム専用の両面テープを使用することなく、簡単に貼り付けることが可能になります。さらに、全光線透過率92%*6と透明度も高く、透明性が要求される箇所への使用にも適しています。
本製品は、オールシリコーンとしての特長および粘着テープとしての特長を最大限に活かし、今後、幅広く応用展開を進めていきます。本製品を電子部品製造時に使用する耐熱キャリアテープとして用いた場合、クッション性が高いため、電子部品を傷つけにくく歩留りの向上などが期待されるほか、これまでシリコーンゴムが使用されてきた精密機器などの耐熱スペーサーや耐熱クッション材の代替として用いれば、接着剤塗布工程や専用粘着テープの貼り合わせ工程を削減できます。この他、透明性が要求されるガラスやアクリルの接着・固定などへの応用も検討していきます。
なお、今回開発したNo.5710(両面粘着テープ)およびNo.6710(片面粘着テープ)は、2010年6月9日~11日に台湾で開催される 「ディスプレイ台湾(No.B-407)」に出展する予定です。

日立マクセル(スリオンテック事業本部)では、エレクトロニクス/半導体/自動車を強化3分野と位置づけており、このオールシリコーンゴム粘着テープは、エレクトロニクス分野の中核製品として拡販・強化していきます。

*1
2010年6月8日現在。シリコーンゴムを基材とした両面粘着テープにおいて。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*2
180℃、500時間加熱後の粘着力試験にて初期強度の90%以上を保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*3
-40~200℃の範囲における、動的粘弾性測定により確認。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*4
180℃、500時間加熱後の引張り試験にて初期強度の70%保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*5
キセノンアークランプ式耐候性試験機(60W/ m2)における500時間暴露後の引張り試験にて初期強度の90%以上を保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*6
JIS K 7361に準ずる。ただし、ガラス板に貼り付けテープ側から光を照射して測定。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。

画像 オールシリコーンゴム両面粘着テープ No.5710
オールシリコーンゴム両面粘着テープ
No.5710

画像 No.5710のテープ断面図
No.5710のテープ断面図

主な特長

  1. 世界初*1オールシリコーン素材の両面粘着テープを開発
    シリコーンゴムを均一に薄膜長尺化する技術と薄膜シリコーンゴムに適したシリコーン系の粘着剤を開発したことにより、世界で初めて*1薄膜シリコーンゴムを基材に使用した両面粘着テープを実現しました。
  2. 優れた耐熱性*2と低温から高温まで安定したクッション性*3
    全てシリコーン素材で構成されているため、-40℃~200℃の幅広い温度範囲で安定したクッション性*3を維持しているほか、耐久性*4、耐候性*5にも優れています。これにより電子部品製造用の耐熱トレイや耐熱キャリアテープ、精密機器の耐熱スペーサーや耐熱クッション材の代替などへ展開が期待できます。
  3. シリコーン系接着剤や専用の両面テープなどを使用せず簡単な貼り付けが可能
    厚さ100μm(マイクロメートル)の薄膜シリコーンゴムにシリコーン系粘着剤層を直接付けた両面粘着テープです。これまで部品などへ貼り付ける際に使用していた、シリコーン系の接着剤やシリコーンゴム専用の両面テープを併用することなく、簡単にシリコーンゴムシートを貼り付けることが可能になります。
  4. 安定したクッション性と高い摩擦抵抗
    No.6710(片面粘着テープ)は、-40℃~200℃の幅広い温度範囲で安定したクッション性を維持しているほか、耐久性、耐候性にも優れています。また背面の摩擦抵抗が高いため、電子部品製造時の耐熱トレイなどに使用できます。
  5. 全光線透過率92%*5の高透明度を実現
    テープ基材に使用しているシリコーンゴムは、全光線透過率92%*6と透明度が高いため、ガラスやアクリルの接着・固定など透明性が要求される箇所にも適しています。
  6. 打ち抜き加工のしやすい剥離フィルム付き
    粘着剤には剥離フィルムが付いているので、テープを様々な形状に型抜きするなどの加工性に優れています。
  7. 用途に応じた粘着特性やテープ厚が可能
    ご要望に応じて、粘着特性やシリコーンゴムの厚さはカスタマイズが可能です。
*1
2010年6月8日現在。シリコーンゴムを基材とした両面粘着テープにおいて。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*2
180℃、500時間加熱後の粘着力試験にて初期強度の90%以上を保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*3
-40~200℃の範囲における、動的粘弾性測定により確認。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*4
180℃、500時間加熱後の引張り試験にて初期強度の70%保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*5
キセノンアークランプ式耐候性試験機(60W/ m2)における500時間暴露後の引張り試験にて初期強度の90%以上を保持。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。
*6
JIS K 7361に準ずる。ただし、ガラス板に貼り付けテープ側から光を照射して測定。日立マクセル(スリオンテック事業本部)調べ。

主な仕様*7

主な仕様
項目 測定値*8 試験方法
テープ厚(mm)*9 0.20 JIS Z 0237
粘着特性*9 粘着力(N/10mm) 5.50 JIS Z 1528
タック (ボールNo) 34 JIS Z 0237
保持力(ズレmm) <0
機械特性 ゴム硬度(度) 70 JIS K 7127
破断強度(N) 9.8
破断伸び(%) 240
電気特性 表面抵抗(Ω) 3.5×1014 JIS K 6271
体積抵抗(Ω・cm) 2.3×1014
絶縁破壊電圧(kV) 6.0 JIS C 2110
*7
No.5710(両面粘着テープ)において。
*8
数値は保証値ではありません。
*9
テープ厚は標準値です。用途に応じてカスタマイズが可能です。
*10
粘着特性は標準値です。用途に応じてカスタマイズが可能です。

【お問合せ先】

株式会社日立マクセル(スリオンテック事業本部) 技術本部 西郷
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3819
フリーコール:0120-993-757

※E-mail送信に関して
お客様から送信していただいた個人情報やお問い合わせ内容は、以下の目的以外には使用いたしません。

  • お客様からお寄せいただいたお問い合わせに返答する
  • 日立マクセル(スリオンテック事業本部)の商品・サービスを改良・向上させる参考とする

登録された個人情報は、日立マクセル(スリオンテック事業本部)の個人情報保護方針に基づいて取り扱われます。