本文へジャンプ

Maxell Sliontec

日立マクセル(スリオンテック事業本部)

2010年05月27日

熱伝導性両面粘着テープシリーズのラインアップ強化
~汎用性フィラーを採用したNo.5046を開発~

株式会社日立マクセル(スリオンテック事業本部)(代表取締役社長:松浦 武志)は、車載用電子機器やLED照明のヒートシンク固定用などとして、今後の需要拡大が見込まれる熱伝導性両面粘着テープのラインアップを強化するため、汎用の熱伝導フィラーを採用したNo.5046のサンプル出荷を5月から開始し、順次発売する予定です。

近年の電子機器は小型・薄型化、集積化が進んでおり、機器内にある発熱体の熱対策部材として用いられる熱伝導性材料も高度な性能、多様な品種が求められています。中でもシート状の熱伝導材料は、ペースト状、ゲル状のものと比較して熱伝導性能の均一化や薄膜化に有利であり、急速に普及が進むLED照明のヒートシンク固定用としても期待されていることから、今後さらなる需要の拡大が見込まれます。特に、シート状の熱伝導材料に粘着機能を持たせたテープ製品は、接着剤やビスなどによる部材の固定を省略することができるため、工数を大幅に削減することが可能となります。

通常、熱伝導性の粘着テープは、粘着性ポリマー(粘着剤)中に熱伝導性のフィラーを分散して製造されますが、高い粘着性能を発揮させるためには熱伝導フィラーの含有量を制限する必要があります。日立マクセル(スリオンテック事業本部)の熱伝導性両面粘着テープNo.5065、No.5066、No.5067は、熱伝導性の非常に優れたセラミック粉を熱伝導フィラーとして採用することにより、熱伝導性と強粘着力の両立を実現しています。

さらに、熱伝導フィラーに汎用性フィラーを採用したNo.5046のサンプル出荷を開始し、順次発売する予定です。No.5046は、フィラーの分散、安定化、熱伝導性、粘着性を適正化するためのフィラー粒径や粒度分布の調整に、日立マクセル株式会社の混合分散技術を活用して開発した製品であり、熱伝導性(1.0w?m・k*1)と粘着力(3.20N?10mm*1)の両立、およびコストパフォーマンスの最適化を図った、テープ厚0.100mm*2の熱伝導性両面粘着テープです。

No.5065、No.5066、No.5067およびNo.5046は、全ての有機溶剤を使用していない低VOC*3製品です。さらに耐熱性の高いアクリル粘着剤を使用することにより、高い耐熱性能*4を実現しました。

日立マクセル(スリオンテック事業本部)は、エレクトロニクス?半導体?自動車を強化3分野と位置づけており、この熱伝導性粘着テープシリーズはエレクトロニクス分野の製品として、拡販および製品シリーズの充実を図っていきます。

*1
試験方法はJIS Z 0237に準じます。数値は保証値ではありません。
*2
テープ厚は標準値です。テープ厚はカスタマイズが可能です。
*3
Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物の略。トルエンやメチルエチルケトンなど揮発性があり大気中で気体状となる有機化合物の総称。
*4
No.5065、No.5066、No.5067はUL746認定取得品。

画像 熱伝導性両面粘着テープ
熱伝導性両面粘着テープ
No.5710

画像 熱伝導性両面粘着テープ使用例
使用例

  • 放熱板やヒートシンク固定
  • 各種小型電子機器内の放熱部分の固定

主な特長

  1. 優れた熱伝導性、電気絶縁性を実現
    絶縁性の熱伝導フィラーを採用することにより、優れた熱伝導性と電気絶縁性を実現しました。
  2. 用途に応じて様々なテープ厚が可能
    ご要望に応じてテープ厚はカスタマイズが可能です。
  3. 優れた柔軟性、密着性を実現
    基材がなく粘着剤のみの単層構造なので、変形能力が大きく、空気のかみこみなどを防止できます。
  4. 良好な打ち抜き加工性
    べた付きの少ない粘着剤を採用することにより、打ち抜き加工など、後加工の作業性が向上します。
  5. 耐熱性能*4を実現
    耐熱性の高いアクリル粘着剤を使用することにより、優れた耐熱性能*4を実現しました。
  6. 環境配慮型の粘着剤使用
    厚生労働省が定める室内濃度指針値指定対象物質を含む、全ての有機溶剤を使用していない低VOC*3製品です。
*3
Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物の略。トルエンやメチルエチルケトンなど揮発性があり大気中で気体状となる有機化合物の総称。
*4
No.5065、No.5066、No.5067はUL746認定取得品。

主な仕様*5

主な仕様
製品番号 No.5065 No.5066 No.5067 No.5046
粘着材 白色 白色 白色 白色
厚み(mm) テープ 0.050*2 0.100*2 0.250*2 0.100*2
硬度(ASKERC) 53 53 53 53
タック ボールNo. <3 <3 <3 <3
粘着力(N?10mm) 1面 5.00 7.60 11.00*6 3.20
2面 5.00 7.60 11.00*6 3.00
熱伝導率(W?m・K) 1.0 1.0 1.0 1.0
体積抵抗率(Ω・cm) 1.0×1011 1.0×1011 1.0×1011 1.0×1011
絶縁破壊強度(kV) 2.0 4.0 6.5 4.0
*2
テープ厚は標準値です。テープ厚はカスタマイズが可能です。
*5
試験方法はJIS Z 0237に準じます。数値は保証値ではありません。
*6
5kg圧着、90°ピールでの測定。

【お問合せ先】

株式会社日立マクセル(スリオンテック事業本部) 新市場開拓本部 開拓営業部第一課 大谷、山口
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3819
フリーコール:0120-993-757

※E-mail送信に関して
お客様から送信していただいた個人情報やお問い合わせ内容は、以下の目的以外には使用いたしません。

  • お客様からお寄せいただいたお問い合わせに返答する
  • 日立マクセル(スリオンテック事業本部)の商品・サービスを改良・向上させる参考とする

登録された個人情報は、日立マクセル(スリオンテック事業本部)の個人情報保護方針に基づいて取り扱われます。