本文へジャンプ

Maxell Sliontec

日立マクセル(スリオンテック事業本部)

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク 画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

塗布型透明導電材料は、各種ウェットコーティング方式で塗工可能なITOスパッタ膜代替部材です。導電性高分子系や金属酸化物系をベースに、幅広い範囲で表面抵抗値の制御が可能です。各種透明電極や、ノイズ遮蔽、帯電防止など様々な用途を想定しています。

特長

  • 導電ポリマー系および金属酸化物系2種類の「塗布型透明導電材料」を開発。
  • 各種ウェットコーティングに適した高分散インクの調整が可能で、光学特性を維持した幅広い表面抵抗値(102~109Ω/sq.)の制御が可能。
  • 屈曲性がある塗膜構成のため、フレキシブル用途への対応が可能。
  • 透明電極、EMC対策、帯電防止向け用途などに適用可能。

基本特性

基本特性
項目 導電ポリマー
(PEDOT)
金属酸化物系
(ITO)
インク特性 粘度(mPa・s) 2~40 2~20
pH 2~3
溶媒 水/アルコール ケトン系
塗膜特性 表面抵抗値(Ω/sq) 102~109 103~109
全光線透過率(%)* > 90 > 90
ヘイズ(%)* < 1.0 < 1.0
鉛筆硬度 < H < H
基材 フィルム、ガラス
インク写真
粒子構造(TEM)

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク
導電ポリマー粒子(30nm)

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク
ITO粒子(20nm)

塗膜断面(SEM)

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

*透過率とヘイズは塗膜のみの値。

図:各種ウェットコーディング

ロールtoロール塗布
画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク

枚葉塗布
画像 透明導電材料(開発品) 透明導電インク